就職エターナルフォースブリザード

世は未曾有の就職難、らしい。
らしいと言うのは、テレビでそう言っているだけで現実はどうなのかというところだ。
いやまぁ、就職率が数値で出ている以上間違いではないんだろうけど…。

ただ、そのテレビで放送している内容や、知人・親戚達の話を合わせると、どうも学生に問題があるように思える。
取材やインタビューを行っているのをいくつか見るものの、当事者である学生たちが何をしたいのかが全然伝わって来ない。
内定を取るのが人生の目標であり、それが達成できなければ一生の傷を残すかのような雰囲気を醸し出してるが、正直意味がわからない。

何十、あるいは百数社を受けても内定が取れないという学生がそこそこ登場する。こういった学生が多数派なのか、数字にインパクトがあるから取り上げられるか、はたまた単なる誇張なのか知らないが、実際のところ有名な大手企業に殺到しまくり、倍率がクソ上がっているからそういう状況になっているんだろうと思う。

自分は大学に行ってないのでアレだが、大学を出たならイメージ先行の有名企業より、専門性のある企業に就職したら?と漠然と思うわけだが、まぁ大学をよく知らんのであれやこれやと書くのはよそう…。

テレビで就活中の学生を取材していたのだが、こういった内容だった。
イラストだかデザインが好きで、将来はそっち系の仕事に就きたいという学生がいた。
で、仕事で通用するスキルを身につけるために、本場(?)のフランスだかイギリスだか、ヨーロッパ的な国に留学したいらしい。が、周りが就活で慌ただしくなってきたため、自分も留学している場合じゃないと焦ってきましたどうしましょう。という内容だった。
どうしましょう。で終わったため、番組として何の結論もでていないし、こういう学生がいます。可哀想だね。と言いたいだけな気がした。正直、周りが何していようがどうでもいいと思うんだが…。
右に習えの国民性も相まって、大多数がそうやって流されまくってるのが現状なんだろう。
そしてそんな中身のないわけのわからん報道を連日繰り返して学生の不安を煽るテレビも何がしたいのか理解できない。

別に、新卒で就職できなくてもよくね?と個人的には思う。
新卒採用という枠があるのは事実だが、それを逃すと人生が終わるのであれば、そいつの人生より先に日本社会がとっくに終了している。

別にコンビニのバイトでも生活はできるし、真面目にやればいろいろな事に気づけて社会勉強にもなる。
が、どういうわけか、コンビニに限らずバイトが恥ずかしいものと思っている人も少なくないようだ。
そして同じく、社員がバイトを見下すような構図も実際あるのは確かだ。
労働の代価として報酬を得るという面では社員として働くのと何も変わらないと思うのだが…。

簡単にクビを切られるのがイヤ、というのであればそれは簡単にクビにされる自分に問題があるのでは?プライドが傷つくのがイヤなのでは。と思う。
就職したら大多数の企業ではプライドなんか気にしてられないし、そもそも正社員だからクビを切られない保証なんかどこにもない。
正社員なら安泰というイメージがあるが根拠が全く不明だ。そもそも大企業だろうが定年になるまでその会社が存在している保証こそどこにもない。

バイトの稼ぎでは生活できない、というイメージもあるかもしれないが、それは単なる甘えだろう。自分の稼ぎに応じて生活レベルを下げるのは当たり前だ。
生活レベルはあがっていくものと信じて、これくらいの収入源がないとやっていけるわけがない!と声高にいうやつがいるが、そう口にしている時点でその額に達していないはずだが、生きてるんだから問題ないじゃないか?と思います。

大体、就職難とは言っても中小企業の求人数は上がっているし、地方だからか、自分の周りで最近就活して就職できなかった者はいない。

何というか、金を稼ぐだけならバイトでどうにでもなるのだから、就職して何をしたいのか見失わないで欲しいと思った。
定年になるまで同じ職場で給料を貰うのが幸せとは思えないし、恐らくそれは無理だろう。そういう時代も価値観も終わった。

最近自分は、子供の頃に、大人になったら何がしたかったのか、何が夢だったかをよく思い出し、それを実現するために頑張っています。
実際のところ、人間の原動力としては、そういった子供時代の自分の根源的な要素が一番のエンジンになるじゃないかと実感しつつある。だって、明らかに楽しいし、やる気が尽きない。
何より原価計算にとらわれてストレスを溜めることなく、自分の力を存分に注ぎ込める事にものすごい充足感を感じる。

そういった気持ちがうまく形となって、そしてその価値観が社会に受け入れられるようになればこの国は良くなるんじゃないかなぁ、と綺麗にまとめてみました。フゴ!

まぁ一言でまとめると「面子とかどうでもいいからやりたい事やったほうがおもしれんじゃね?」という事です。
ぶひ。


※追記
非常に共感できるエントリーを見つけたのでリンクぺたり。
拙ブログの鼻くそ文章よりも、言いたかったことが明確に伝えられているいい記事です。
やりたい事、好きな事を仕事としてできるのは素晴らしい事だと思う。就職に難儀している今の学生たちは目指す場所を見失わないでほしいし、人生を送る上での仕事という概念の意味をよく考えてみてほしい。
>>就活に失敗して思うこと

Bookmark the permalink. RSS feed for this post.

2 Responses to 就職エターナルフォースブリザード

匿名 さんのコメント...

上の文章すべてに同意できるわけでは無いですが、冷静でもっともな意見だと思いました。
暗い雰囲気を煽るだけのメディアはちょっとどうにかしてほしいですね・・・。

ひよぴ さんのコメント...

解決案とは言わなくとも、学生が希望を持てるようなフォローもしてほしいところですね。とりあえず、朝飯の時間帯から誰が殺されたとかそういうニュースばかり流すのが当たり前になってるのは異常だと思います。

TRYCHEST. Powered by Blogger.

Pages - Menu

Search

Swedish Greys - a WordPress theme from Nordic Themepark. Converted by LiteThemes.com.